次回テーマ-Loving the Earth大地を愛する Terra Madre Salone del Gusto

テッラ・マードレ・サローネ・デル・グスト

2016922-26日 イタリア・トリノ開催

“Terra Madre Salone del Gustoテッラ・マードレ・サローネ・デル・グスト 2016のテーマは大地を愛するが選ばれました。”生物多様性のためのスローフード総務部長Serena Milano(セレナ・ミラノ)氏が以下のようにコメント:「私たちが住んでいる地球や環境を守ることはこの時代の最も重要な問題であり、食材を扱う人々にとって義務であります。私たちは生産者、教育者、シェフ、学者、農業者、食材を通したコミュニティー、特に市民や家族と一緒に大地を大切にする喜びを再発見したいと思っています。それらを考えた、ワークショップや会議、教育コース、テイスティングなどを催します。」

優れた職人質、品質をトリノに集結させた国際イベントは3つのテーマに展開:農業者になる方法、共同生産者になる方法、菜園を作る方法を発見できます。

農業者になる方法 Slow Food Presidia 農業や放畜、漁業コミュニティーに関する具体的なプロジェクト、良品質生産をサポート、世界中から集結し、高潔な参考になるでしょう。 例:韓国よりDon Tea;モロッコよりTaliouine Saffron;ペルーよりTailin Panela160ヵ国から5000Terra Madre 代表者が来場者とアドバイスや経験を提供致します。Marketメルカートはスローフード哲学、方針に従う生産者との出会いの場です。来場者は農場を始めるための実用的な情報を受け取ることができます。

共同生産者になる方法 食べることは農業を始める最初の行動、消費者から意識のある共同生産者になるために生産や加工技術を知ることが不可欠です。テーマ別、インタラクティブルート、講演、大地や味覚のワークショップは主にスローフードによるキャンペーンに充てています:Slow Meat 責任そして持続性ある肉の消費について;Slow Fish 水産業界の豊かさと複雑さについて意識を高め;Slow Beans 豆類における多大な栄養特性を紹介 – Faoは2016年を国際豆年と宣言しました。さらに、生物多様性の保護における蜂の役割、共同購入グループやファーマーズマーケットなどの持続可能なマーケティングの形の重要性などにも焦点を当てています。

菜園を作る方法 大地の愛し方を理解するには、まずは身近なところから知り、育ててみることが最善方法です。Terra Madre Salone del Gustoテッラ・マードレ・サローネ・デル・グスト 開催中のスローフード教育はスロー菜園のアイデアやソリューションを提供します。学生や家族向けに、堆肥の作り方 、季節の野菜の選び方、種の取扱い方を学べるワークショップを開催。様々な条件下での作り方:直に、鉢で、ベランダで、庭で、郊外で、市街地で。

Terra Madre Salone del Gustoテッラ・マードレ・サローネ・デル・グスト – スローフード協会とピエモンテ州、トリノ市により共催 – 今年はプログラムを改新。今回はじめて、トリノ市のシンボルスポットでイベントが催されます。Valentino (ヴァレンティーノ)公園には市場を設置、中世の旧市街区では子供や大人に向けた教育プログラム、ヴァレンティーノ城ではTerra Madre ネットワークの代表者会談。講演はCarignano(カリニャーノ)劇場、味覚ワークショップは Circolo dei Lettori (読者クラブ)やMole Antonelliana(映画博物館)。さらに他の場所でもイベントを開催:エジプト博物館、 Venaria(ヴェナリア)宮、Racconigi(ラッコニージ)城、王宮

より詳しい情報については国際スローフード広報室へお問い合わせください

担当:

internationalpress@slowfood.it – Twitter: @SlowFoodPress

パオラ・ナーノ(Paola Nano) +39 329 8321285 p.nano@slowfood.it

Ester Clementino, e.clementino@slowfood.it

Giulia Capaldi, g.capaldi@slowfood.it

1996年に初めて開催された国際サローネ・デル・グストは、食品とワインの生産職人に捧げる世界でも重要なイベントのひとつとなり、そればかりでなく世界から集まる生産者と共生産者らの間での経験交換の機会となっています。

2014年トリノ・リンゴット展示場で開催された最近の大会には、60を超える世界の国々から約22万人の来場者と、約160ヶ国からテッラ・マードレの代表参加者3000名を集めました。マーケットエリアは100ヶ国から1200の出展者らによって埋め尽くされ、このうち300はプレシディオ・スローフードの生産者、様々な地域から400のテッラ・マードレの食のコミュニティの参加がありました。

『スローフード』は、“おいしく、きれいで、正しい”食の哲学に賛同する数百万の人々を従える、158ヶ国以上からの情熱家、料理人、専門家、若者、生産者、漁師、学術関係者らから構成されるネットワークです。このうち10万人の会員が1,500のローカルグループに所属し、年会費を納めることで協会の資金運営に寄与し、各地で開催される数多くのイベントに参加しています。これら会員のほか、持続可能で小規模の農産食品生産に従事する2,000のテッラ・マードレの食のコミュニティがあります。

  • Did you learn something new from this page?
  • yesno